雨天決行!

536690_341349562598741_775132852_n

さすがに雨には勝てませんでした。

予定していた「野外稽古&花見」が残念ながら雨のため中止。常設道場を加曾利に出していつの頃からだろうか?近くの平和公園で野外稽古と称して花見をするようになった。古くはデンマーク支部のクリスティーナも参加したことがあった。千葉城に夜桜を見に連れて行ったのは懐かしい思い出である。東日本大震災が起きた年に、いわゆる日本中が自粛ムードで中止にした。それから自分が大会遠征で不在になるのと重なり、ずっと行っていなかったが昨年5年ぶりに再開した。

道場だけではなく、サラリーマン時代も毎年花見をしたものである。と言うか、昔の職場はお堅い職種だっただけに花見に限らずお祭り行事が好きだった。さすが国家公務員なのか?桜が大好きだった。お堅いだけに遊び?単純に皆でお酒飲んで騒ぐのが好きだっただけなのかもしれない(笑)。

実はこれが良かった。空手にも生きた。活きた!お堅い仕事と遊び?のメリハリが良かった。厳しい仕事故に、優秀な職員でさえノイローゼになる人も珍しくない職場だったから。

花見の名所上野公園に始まり、靖国神社、明治神宮。何故だかマリーンスタジアム。千葉公園。千葉城のある猪花公園。色々な場所で職場の花見をした。ここだけの話。花見をしないような職場ははっきり言ってまとまりがない。雰囲気が悪い!国家公務員は転勤族。2、3年に1回は転勤がある。自分が転勤しなくても係の誰かが異動する。40歳の時、仕事を辞めた。空手の道場を開いたらクビになった(笑)。未だに付き合いのある職場の仲間は?よく一緒にお酒を飲んだ仲間である。未だに年賀状をくれる人は?花見じゃないけど一緒にお祭り騒ぎをした仲間である。30年前に自分が世界大会に出場した時、金曜日も、土曜日も、日曜日も、3日間応援に来てくれた直属の係長がいた。自分が25歳で係長が40歳だった。何年経っても未だに付き合いがある。知られていないが、千葉南支部の、奥村道場の相談役である。あの世界大会のノックアウトシーンを撮ってくれた大恩人である(笑)。

サラリーマンだろうが、空手をしようが?所詮は同じ人間である。現役選手だろうが、師範になろうが根本は同じじゃないかと思う。

今思えば、花見の季節だからこそ改めて思い直す事があった。

厳しい稽古があるからこそ結果も出る。単純に喧嘩が強くなりたくて空手を始めた。高い山があれば、登りたいと単純に思った。田舎者の自分は、極真空手に入門することが夢だった。その内、青帯の時に初めて見た全日本大会で、自分も出たいと思った。初めて出場した全日本大会で世界大会に出場したいと本気で思った。もっと頑張れば世界大会に出れるかなとうぬぼれた。本気で稽古した。当時、全日本大会4位になった先輩の就職祝いの席でこう言った。

“今度会う時は負けません!”

まだ入門8カ月の緑帯だった。はっきり言って生意気だった(笑)。今思えば、色々な意味で下地があった。職場でも仕事もお酒・遊びも一生懸命した。極真空手に入門して厳しい稽古の後に師範に色々な社会勉強を教わった。お酒もカラオケも。一番稽古していたから、色々な所に自分が一番連れて行って貰った。

遊びも出来ないヤツが厳しい空手なんか出来ない!と思っている(内緒)。緩める所がないと締めっぱなしでは切れてしまうから。要は、メリハリです。

“道場の中だけで強くならない!”と自分は思う。

こうして千葉南支部の道場訓8ケ条目が生まれた。

『稽古は厳しく その後は楽しく!』

30年前の世界大会日本代表強化合宿。毎日厳しい稽古の後、毎晩大部屋で車座になって朝まで飲んだものです。

道場生の皆さんが花見を楽しみにしてくれる。それが、そういう雰囲気が一番嬉しいです。厳しさの中にも楽しさのある、そんな道場を目指したいと思います。

今日の雨で洗い流せたかな?

と言うことで・・・今日はひとり寂しく花見をしました(笑)。

雨天決行!!