大決戦の前の戦いに勝って!

image1

いよいよ決戦の日まで2週間となった。

2週間後、千葉南支部から世界チャンピオンが誕生する。

来週は昇級審査会なので、昼からの合同クラスで陽孝の壮行会を行った。同じ道場に日本代表選手がいることを誇りに思って欲しい。そして、先輩に続いて世界の夢を掴んで欲しい。道場は大会の選手を育てることだけが目的ではない。チャンピオン養成所だけになっても駄目である。空手道を学ぶ目的は色々あるから。しかし、大会がある以上は大きな目標を持って稽古に臨んで欲しい。目標があってこそ厳しい稽古にも耐えられるものである。成長もある。是非、先輩達に続いて全日本や世界大会を目指して欲しいと思う。

陽孝の壮行会を行った同じ日、川崎で大会が行われている。小さな大会だけど、実はこれが大きな意義のある大会なのである。陽孝を始め全日本の選手と毎日稽古している高校1年生になった翔太が出場する。翔太は道場内で稽古日数一番である。びっくりするほど強くなった。こんな寡黙で無心に稽古する道場生をあまり見たことがない。いつの日か全日本大会にも出場させたいと内心思っている。思っているからこそ日曜日の朝練を許可した。翔太は先輩達の応援のため大阪にひとりで行った。だからこそ敢えて厳しい言葉を掛ければ・・・

今日の川崎で優勝出来ないようではまだまだである。もうそろそろ先輩と互角に渡り合えるようでなければ。いや来年くらいにはもう勝てるようにならないと。全日本に出場しても1回戦で終わってしまう。

“道場の先輩に勝てずして全日本では通用しない。”

出場する選手ではなくて、勝てる選手になって欲しい。その上の世界を目指して欲しいのである。同じく紫穏にも言った。川崎で勝てないようではドリームで通用しないよ!と。小さな大会だけど実は世界の道に繋がっているのである。春から桃太郎クラスに入った元輝も初挑戦である。小さいけれど大きな世界への一歩を踏み出した。

“今戦っている小さな大会こそ!世界への道なのである。”

木曜日は船橋道場の日。幼稚園の時、北海道から白帯で移籍してきた遼也がお父さんの転勤で引っ越すことになった。今度の木曜日が最後の稽古となる。千葉に来た時は稽古中お母さんの所に行って満足に1時間稽古出来なかった。小学校3年生になって後輩も出来て、逞しく成長した。正直別れは寂しいが、こういう成長した少年部の姿を見る時清々しい気分になる。

“空手道は決して大会のためだけではない。”

週一回のルネサンス。スポーツクラブで黒帯は取れない。世界大会も無理である。しかし、空手の好きな少年少女がたくさんいる。空手道に何かを求めてやって来る。ひと言もしゃべらない子が少しづつ反応するようになった。返事も大きく出来るようになった。大きな返事が出来ただけで、お母さんはそばで泣いている。型が少しだけ出来るようになっただけで、お母さんは泣いている。今まで一度も笑ったことがない子が笑うようになった。野球でもサッカーでもなく、母は空手道を選んだ。母は息子に空手を学ばせて強くなって欲しいのである。「先生や皆さんに迷惑かけますから、もうやめさせます。」と言ってくるお母さんにいつも自分はこう言う。「本人がやめたいと言ってるんですか?そうじゃないでしょ。お母さんが負けたら駄目ですよ。一緒に頑張りましょう。」

“戦いは大会の舞台だけではない。そして可愛い我が子のために母も戦っている。”

後輩達が先輩に続けと小さな大会で戦っている。直前の別れもある。辛い。しかし、新たな旅立ち、新天地でも更に大成長して欲しい。ルネサンスから初めて飛び出し、本部道場の景色はどう見えるのだろうか?黒帯よりも眩しいオレンジ帯っだってある。級位が上がるためだけの試験ではない。昇級審査会は戦いなのである。

大決戦の前の全ての戦いに勝つ。これら全てをパワーに変えて大決戦に臨みたい。

そして色々な場で戦っている道場生(家族)のためにも、その頂点の戦いに勝ちたい。

“大決戦の前に魔が襲ってきた。これにも勝たねば(笑)。”

決戦の日まであと13日!