「空手日記」初めての帯!

171001_1210~01

それは36年前の9月7日から始まった。自分が19才で入門して何がきっかけだったか?覚えていないが、入門して2ヶ月後位から付け始めた『空手日記!』である。7月4日に入門した。土曜日だった。当時は、まだ土曜日(の午前中)は役所関係は休みではなかった。

一回目に記した内容は?

〇9月7日 正座:重要~蹴りに有効 中段外受け~胸につけてから 下段払い(半身)~金的カバー。耳を引きちぎるように。・・・たったこれだけだった。正座が重要なのは分かる。でも蹴りに有効とは、意味不明?こうして36年前の空手日記が始まった(笑)!

次の日が凄かった。

〇9月8日 師範「死ぬ気でやれ」極真空手! ※腹筋・背筋・拳立て ※初めて型

師範に初めて声を掛けられた。入門二日目に!しかもいきなり“死ぬ気でやれ!”と(笑)。2カ月経って、初めて型をした(らしい)。それだけ当時は型の稽古はしなかった。審査会の直前に練習する程度だった。喧嘩空手と世間から称され、サポーターなどない時代であった。

9月27日に初めての昇級審査を受けた。そして初めての色帯を貰った。

〇10月5日 念願 水色帯。初組手!

青帯ではなく、水色帯と書いてあった(笑)。帯を貰った日に初めて組手をした(らしい)。白帯にはさせていなかった。それだけ当時の組手は激しかったと言うことだろう。組手をさせて、すぐにやめないように。

あれから36年が経ち、自分が帯を渡す立場になった。昨日、9月の審査会で昇級した道場生達に帯を渡した。少年部稽古のあと、平山君親子が事務所にやって来た。

“師範、凌大の帯に名前を書いて頂けませんか。”

自分が現役時代、黒帯以外の帯に名前の刺繍を入れたことなどなかった。もし、刺繍など入れようものなら・・・・。少年部と女子部の全盛時代である。今はそういう時代ではなくなった。自分の知っている限り、色帯に刺繍させない事を貫いているのは多分三好副代表だけである。その三好副代表は自らが昇級者の帯にマジックで名前を書いている。

道場を出して初めて帯の名前書きを頼まれた。勿論快く引き受けた。魂を込めて名前を書いた。同じ日、初めて色帯を締めた少年部の女の子の純粋で喜びに満ち溢れた顔を見て、36年前の自身のことを思い出した次第である。自分もこんな可愛い笑顔してたのかなあ!

“凌大、昇級おめでとう!ユースジャパン目指して頑張れ!”

“里桜ちゃん、昇級おめでとう!里桜ちゃんが桃太郎クラスに入らないかなあ?”