準備万端!大勝利を信じて

22686627_1120740131390446_977257878_n

いよいよ祝賀会前日となった。会場となるホテルと日にちが決まってからは怒涛のように日が流れた。それも全日本大会の1週後に決まり、尚更そう感じた。いや22日しか空いた日がなかった(笑)。そうしたら世間の情勢も変わり、衆議院選挙まで重なってしまった。国を挙げて22日にお祝いしてくれることとなった。お祝いがそれでも足りないのか?台風まで駆け付けてくれるではないか(笑)。今はこう思っている。

“何かが起きても、人生に意味がない事は何もない!”

(自分が主催する)優勝祝賀会など初めてのことである。それも世界大会の。空手人生でもう二度とないだろう。持論はある!大会も合宿も全ては、準備で決まる。

“戦いは全て支度で決まる!”

その思いで道場生達と支度をしてきたつもりである。今日は道場から備品を運んだ。最初で最後の演武のリハーサルもした。夜は道場で最後の打ち合わせを行った。もう全てやり尽くした感はある。「人事を尽くして天命を待つ!」の心境である。これまで携わってくれた全ての方に感謝の言葉しかない。

大会の時に選手達に言った。

『(空手の試合で)舞台の上で戦っているのは選手だけだけど。舞台を支えるために戦っているのは他にもっといるぞ!代表は一番戦っているんぞ!試合さえ見れないスタッフもいるんだぞ!』って。

特に今週は、大会の時に自分が言ったその言葉を思い出す1週間だったような気がする。自分が道場生達と祝賀会の準備をしている時、同じ日の選挙のために頑張っている仲間達の姿が励みにもなった。皆、大勝利(当選)を信じて戦っているのである。自分達も出席してくれる全ての皆さんが喜んでもらえる事、それだけを励みに今日まで準備をしてきた。

いよいよ祝賀会当日を迎える。

幼い頃からの親子の夢を実現した陽孝と家族に心からお祝いをしたい。激戦激闘の末に軽量級を制し、世界の頂点に立った陽孝に心から労いの言葉を掛けてやりたい。アスタナで世界一になり表彰台に立つ陽孝と一番高い所に日の丸が掲げられた瞬間を見た時のあの感動を、今度は道場生達と共に味わいたい。大歓喜の瞬間を出席者全員で分かち合いたい。

出席して下さる皆さんを心からお迎えしたい。

『犀川のご自宅まで緑代表と出向きまして、お母さんの美味しいおにきりも頂きました!啓治師範は、これからも私の大切な兄弟ですので、末永くお付き合いして参ります!』

『とんでもない。岡崎が軽量級世界一、カザフスタンの英雄モリセイエフを破っての世界チャンピオン。
選手強化委員長として行くのは当たり前だよ。私の生涯の盟友日本代表監督の弟子だし