宿命!

兄弟の夢

幼き頃の『兄弟の夢 それは極真空手をすること!』だった。

自分達兄弟の今があるのは、新極真空手のお陰である。組織の、そして何より緑健児代表のお陰である。緑代表が福岡支部長に就任した時、空手さえやめていた啓治を師範代として迎えてくれた。緑代表の恩は一生忘れない。緑代表との縁に、出会いに感謝し、50歳の時にこの『兄弟の夢・・・夢は叶えてこそ夢!』の書に世界大会特別演武の写真を張り、総本部鏡開き会で緑代表に贈った。

同じ年の4月、自分はカラテワールドカップ全階級制覇の野望を持ってリトアニアへ、啓治は日中友好と新極真空手普及のため再び中国上海へ旅立つ直前のことであった。皮肉にも啓治は日本選手団がリトアニアへ出発する日に病に倒れた。

あれから6年が経った。啓治は懸命にリハビリに励んでいる。56の齢にあたり兄弟二人に、新極真会の仲間はもとより世界中の皆さんからお祝いや励ましのメッセージを沢山頂いた。こんな嬉しいことはない。こんな幸せなことはない。本当にありがとう!

こんな自分でも付いて来てくれる道場生達がいる。親子の夢を叶えむと稽古に励む桃太郎達がいる。その父や母達がいる。千葉のお父さんと呼んでくれる人がいる(笑)。

共に喜び 共に悲しみ 共に戦う仲間がいる。

“夢は叶えてこそ夢!”

道場生の夢を叶えるため老体に鞭打ってまだまだ頑張らねば!

空手をやって本当に良かった。空手を通じて世界中に仲間が出来た。その世界中の仲間達から『1月11日武道鏡開きの日』に祝福のメッセージを頂いた。兄弟二人、この意義深き日に生を授かった。この縁(えにし)は宿命だったのかもしれない。そして“道!”を教えてくれた父。感謝!感謝!神謝!

 この道より 我を生かす道なし この道を歩く!