桃太郎クラス10周年!

562910_365407043526326_2083797663_n

常設道場を出して数年後、少年部の選手クラスを作った。当時は東京城南川崎支部の主催で等々力アリーナで全日本ジュニア大会が行われていた。この全国大会に出場する選手を育てるために組手中心のクラスを水曜日に作った。稽古時間は倍の2時間。組織が新極真会になって全日本ジュニアが全日本シニアと合同開催、これに型競技が加わりドリームフェスティバルとして大発展した。今年の大会は2600人が出場する最大規模となった。

大した事ではなかったが、ある事件がきっかけで選手クラスをやめることにした。全然大した事ではない。稽古後の掃除時間に喧嘩が始まった。掃除もろくにしないで。長く指導しているとデータではないが大体分かってくることがある。稽古頑張らない人は掃除もちゃんとしない。組手で強い人に向かっていけない人に限って、弱い後輩には強い。昔現役の頃、こういう人が多かった(内緒)。

大した事ではないことが出来ない人は、大した事でないことで負ける。

当時、選手クラスは10人くらいいただろうか?全員が悪い事をした訳ではない。しかし、こういう時は連帯責任である。教わる資格がない!と、選手クラスをやめた。心から反省し心から師範に教わりたい人だけ来週から来るように言い渡した。

“一番弱い白帯になって また一から頑張る人だけ来なさい!”と。

何も分からず謙虚で純粋だった白帯時代を思い出して欲しいと思った。残念ながら全員戻って来なかった。白帯から再出発するにあたって『桃太郎クラス!』と名付けた。昔話に出てくる鬼が島に鬼退治に行ったあの桃太郎さんである。

桃太郎のように強くて優しい人、人から頼りにされる人になって貰いたいとの思いで命名した。

強いだけではなく、先輩から可愛がられ後輩からも慕われる。道場生の模範になる。いわゆる皆の先頭に立つリーダーになって貰いたかった。白帯や幼年部にも道場訓を言わせたり、前で準備運動の号令をかけさせるのはその為でもある。

今日の桃太郎クラスの時、桃太郎クラスを作った目的を訊ねたが誰も答えられなかった。桃太郎クラス卒業生の紫穏も翔太も言えなかった(悲)。欣大はさすがに言えた。将斗に今度訊ねてみよう。

ちなみに桃太郎クラスに入るための条件がある?たった一つだけ!道場訓の暗唱。たったこれだけである(笑)。

1.全日本(全国大会)に通用する選手の育成強化

2.少年部の模範となる道場生の育成

全国の支部道場で大会を目指す選手クラスのない道場はないのではなかろうか。ドリームは日本一を目指して全国から選手が集まる日本一の大会である。確かに厳しいが、出るだけなら簡単である。出るだけならそんなに難しいことではない。それは一般部も同じである。敢えて言えば世界大会も同じである。勝ってこその選手強化稽古である。勝たずして栄光はない。勝たずして次のステップへは進めない。

出るだけなら簡単とは?大会の結果だけではない。出場出来なくても裏方で舞台を支えてくれる人の存在を忘れてはいけない。自分が負けても最後まで仲間の応援が出来るか。会場で師範や応援の人に挨拶が出来るか!大会会場は普段の道場の修行の全てが試される実戦の場なのである。自分が出る事だけや勝つ事だけを考えていないか。そういう人は大きな舞台では勝てない。日本選手団にはいらない。

組織でさえ理屈は同じである。将来の世界大会日本代表選手を育成するためにユースジャパンを創った。U-15、U-19も創った。U-22は日本代表に最も近い存在である。全日本フルコンタクト大会が始まった年に創った。

勝つために創った。

これら全ての根底にあるのが、ある意味ドリームフェスティバルかもしれない。遠い道のりではあるが、ドリームは世界(大会)への道に間違いなく続いている。

今持てる新極真会の総力を持ってしても大阪で全階級制覇は出来なかった。世界チャンピオンが1年も経たない内に4人も負けた。勝負の世界は本当に厳しいものである。しかし、富士の麓で鍛えしユースジャパンやU-22戦士達の奮闘に一筋の光明を見た。これも事実である。

自覚せよ!桃太郎達よ ドリームで終わりではない。

ドリームの翌7月にはオーストラリア大会がある。9月にはシンガポールでアジア大会がある。もう次の山を登り始めている人がいることを知っているだろうか?少年部時代から世界を目指してきた選手達が世界の舞台へと翔たく時が来た。しかし、これも通過点に過ぎない。彼らが目指すのは世界大会である。でも6人全員パスポートさえ持ってなかった(笑)。

桃太郎達よ 後に続け!全国の仲間達と切磋琢磨せよ!そして世界を目指せ!

来年はいよいよ第12回世界大会である。今年の全日本大会はその代表選手選抜戦として行われる。来年5月大阪の大会が最終選抜戦となる。

6月6日水曜日、桃太郎クラスの日。

日本代表選手がまだ決まっていないが、選手団の強化合宿の日程が今日決まったことを誰も知らない(秘)。

決戦の日まであと17日!