使命!

190111_2126~01

昨日の荒れた天気が嘘のように今日は一日中晴れ渡った。夜の道場の珍事など何事もなかったかのように。常設道場を出して18年が経つが、昨日は初めての大停電を少年部達と経験した。真っ暗闇になっても皆動じなかった。いや逆に子供達は大喜びだった(笑)。何かの前触れかもしれない。今年はきっといい事があるに違いない。

総本部鏡開き稽古会が護国寺で行われるようになったのはいつの頃からだろうか。この護国寺に極真空手の創始者である大山総裁が眠っている。何度行っても緊張する。鏡開きに差もない。毎年、決戦の年だから!しかし、今年はちょっと様相が違った。勿論、友のことは大きい。友と最後に会ったのは鏡開き稽古会の日だったから。

年末に神様から贈り物が届いた。大山総裁に憧れて極真空手を志した。大山総裁に名前を憶えて貰いたい一心で稽古に励んだ。そして世界の舞台を目指した。夢は叶った。贈り物は大山総裁の著書『昭和五輪書』だった。五輪書は宮本武蔵が晩年に書いた兵法書である。その宮本武蔵を心の師と仰ぎ昭和の宮本武蔵にならむと書いたのが昭和五輪書である。大山総裁の数ある著書の中でも秘蔵中の秘蔵の著書である。自分は第1巻の「地の巻」しか持っていなかったが、年末に4巻が天から届き全部揃った。今日は大山総裁に御礼をして来た。

そして今回思い入れが違ったのにはもう一つ理由があった。啓治と道着姿で揃って稽古したのが2012年の鏡開き稽古会だったからである。第5回カラテワールドカップの年に啓治は病に倒れた。皮肉にもその年の奉納演武を行ったのは!誰であろう。ほかならぬ自分であった。大決戦の前に啓治とふたり揃って中国上海の地に立つ時が来た。

この3月、兄弟で中国の大地に立つ!

この年末年始、天からの贈り物がきっかけでこれまでの空手人生を振り返った。間違いなく自分の一番の転機はやはり世界大会だった。32年前の第4回世界大会!世界大会に出たからこそ大山総裁に会うことが出来た。空手人生が変わった。日本代表選手になっていなかったら、今の自分はない。そして・・・伝統継承の道へと続く(笑)。そんなことを思いながら新年を迎え。その矢先に11日の誕生日に届いた1枚の写真。田舎の後輩白石君がお祝いのメッセージと共に送ってくれた写真。

実家の座敷で緑代表を囲み3人で肩を組んで唄っている写真だった。

平成6年の11月に父が亡くなった。12月に緑代表が福岡の支部長として初めて福岡入りした。啓治は緑代表から師範代に任命された。翌年の5月、地元犀川町の神幸祭で啓治が演武会を開いた時、初めて緑代表を実家に招き、支部長就任のお祝いをしたのである。自分も勿論帰省して晴れの門出を祝いに駆け付けた。今でも忘れられない出来事のひとつである。その日は大雨だったが、演武は挙行した。自分は啓治に試割りの演武を頼まれた。生涯で二度失敗した内のひとつが、この時の演武だった。中吊りブロック割りを失敗した。もう1回の失敗は、木元師範が世界大会のあと支部長になって道場開きでの演武を頼まれた時である。この時もブロック割りで失敗した(内緒)。ブロック割りは鬼門である。

大雨でも緑代表は傘をささなかった。傘を差し出しても中に入らなかった。道場生達が大雨でずぶ濡れになりながら演武をし続けている間も一緒に濡れながら彼らを見守っていた。そして実家での大宴会。最後の最後までネクタイも外さず、勧めても上着を脱がなかった。同期の桜♪を唄ったのだろうか?第4回世界大会の時から一緒にいつも唄っていた「貴様と俺♪」だったか?地元の仲間達で歓迎の大宴会をした時の1枚の写真である。座敷の壁に「歓迎!緑健児師範 支部長就任おめでとうございます!」の手作りの横断幕に緑代表がしばし見入っていたのを今でもはっきりと覚えている。雨の演武会で3人で撮った記念写真は今でも大事にとってある。多分あの頃は、100㎏位はあったと思う。

ズバリ!言おう。

緑代表が福岡の支部長になっていなかったら、今の啓治はない。空手に復帰することもなかったであろう。多分、暗黒街の世界で野垂れ死にしていたと思う。大山総裁が亡くなり、二代目館長が出来て新体制となった。緑代表が支部長に就任した時、啓治の復帰を世界大会の戦友でもあった当時の館長と緑代表に懇願したのは兄の自分だった。そんな啓治のことを緑代表は師範代に指名して復帰させてくれたのである。命の恩人である。

啓治が中国支部長と併任で兵庫尼崎の道場責任者になった時のキャッチフレーズである。

“使命 出会いは奇跡を起こす!”

緑代表との出会いで奇跡が起きた。まさに啓治の空手人生最大の転機になったのである。

鏡開き稽古会で、真正面に立つ緑代表に感謝の思いを伝えながら正拳を突いた。空手に導いてくれた大山総裁に感謝しながら正拳を突いた。11月の大勝利を誓いながら全身全霊で正拳を突いた。

3月の強化合宿に緑代表はいない。南アフリカ遠征と重なってしまった。戦友の外舘師範が同行する。

『奥村さん、3月の合宿宜しくお願いします。世界大会、頼みますよ!』

“押忍!”

自分も啓治と同じく緑代表に使命を与えられた。

日本代表選手団であり。ユースジャパンである。

日本代表選手団の大勝利!これは奇跡ではない。奇跡でも何でもない。

必ずや男女W優勝を成し遂げる。

使命!

日本代表選手団 王座死守!王座奪還!