Another Story 太極其のⅠ

190206_0803~01

高校野球で一時代を築いたPL学園の桑田・清原選手のKKコンビの特集を見て感激した。栄光の陰で地の滲むような弛まない努力と怒涛の戦いがあった。支えてくれる仲間がいた。一緒に苦楽を共にする盟友がいた。そして、栄光への道のりの過程でその後の野球人生を左右するような分岐点が何度かあった。敗北であったり、人との出会いであったり。実は、KKコンビもさることながら番組のタイトル名に目が留まり見る気になった。

『アナザーストリーズ 運命の分岐点』

もう一つの物語。サブタイトルのように、その栄光の陰で知られていない“運命の分岐点!”がそこにはあった。

今年は決戦の年である。

9月にはアジアで初めてのラグビーワールドカップが東京で開催される。11月の決戦の地と同じ場所「武蔵野の森総合プラザ」で。新極真会に新しい聖地が出来る。新しい戦いの聖地である武蔵野の森から、ラグビーに続いて新極真空手の真髄があらためて世界に発信される時が来た。

暮れに最愛の友との悲しい別れがあった。友が千葉勝浦の国際武道大学でサッカー部監督を務めた時、講演とセミナーを頼まれた。これから世界に翔たかむとする愛弟子達に極真魂を伝えて欲しいと頼まれたのだった。

「これからの長い人生、必ず進むべき道で悩む時があります。その人生の岐路に立った時に忘れないで欲しいことがあります。人生は一度きりです。やらない後悔よりも挑戦して下さい。悔いのない人生を送って下さい!」

人生50年、青春の全てを懸けて空手に打ち込んだ。だからこそ世界大会に出場出来た。大山総裁や緑代表との出会い。公務員をやめて道場を開いた。組織から使命を与えられ、仲間と世界の舞台で戦っている。空手があったからこそ今がある。魂で藤川門下生に訴えた。

“人生は一度きり。男なら勝負。悔いのない人生を!”

自分にも何度かその後の人生を左右するような分岐点があったから、あのタイトルに目が引いたのである。

今年、道場開設20年の佳節を迎える。第7回世界大会の時は組織を離れ、公民館で仲間と同好会みたいな形で空手をしていた。第7回大会は心寂しい観戦だった。不思議なものである。一度は空手をやめたことが自分の人生の分岐点となった(笑)。兄弟で子供の頃からの夢だった極真空手。世界大会にも出場しながらも、どんな理由であれ空手をやめた。しかし、空手の神様が救ってくれた。

人生57年で初めて年賀状を1枚も書かなかった(内緒)。年末に黄泉の世界を彷徨った。レインボーマンのようにヨガの眠りに入ってしまった。レインボーマンは6時間。自分は記録を塗り替えた。三日三晩!正直危なかった(秘)。

自分の周りで今一番幸せな男は誰?と訊かれたら。間違いなくこう答える。

「今、世界で一番幸せな男は初代桃太郎です!」

初代桃太郎の少年とは、空手をやめても関係は続いた。いや!やめてから始まった。三十年間年賀状が届いた。手紙のやり取りが続いた。昨年は人生最高の伴侶を得て、二人で新たな人生を歩み出した。今年のお正月は新しい家族揃って迎えたに違いない。

自分が20年前、近所の小さな公民館で空手を再開した時に、偶然にも初代桃太郎も小さなアパートの6畳一間から会社をひとり立ち上げていた。披露宴の映像で、一人目の社員の給料を払うために深夜の建設現場でアルバイトをする姿を見た時は感動のあまり思わず涙が出た。

初代桃太郎は逞しく成長し、大青年実業家となって世界を駆け巡る。今年7月、初代桃太郎が創った会社ダイチは創立20周年を迎える。

太極(たいきょく)とは、物事の始まりと言う意味である。古代中国の思想で、万物の根源。起源。原点。という意味である。

空手を始めて最初に習う型が『太極其のⅠ』である。理に適っている。

物事を知るには、始まりが大事である。その始まりを知る事が大事である。人も組織も。だから自分は強化合宿で日本代表選手団の歴史を語る。大山総裁の言葉を語るのである。ユースジャパンもまた然りである。その始まりを知らずして戦えない。偉大な歴史を築いた先輩方の戦いの歴史を知らずして伝統継承は有り得ない。

 人は歴史の上に立っているから!

 

Another Story太極其のⅠ

三十数年前に肩車をして遊んだ初代桃太郎と、奇しくも運命の分岐点が同じ年だった。

大智、ダイチグループ創立20周年おめでとう!益々の活躍と会社の発展をいつも祈ってます。真理子さんといつまでもお幸せに!

明日のために其のⅠ・・・打つべし!打つべし!

ひたすら進むべし!