龍翔鳳舞

54521849_1043672805819115_8595037421169541120_n

国際交流どころか!あわや国際問題になる所だった(内緒)。中国警察に連行されなくて良かった(笑)!

3月の中国上海遠征。弟啓治(師範)と7年振りに兄弟揃って中国の大地に立った。4泊5日の遠征で普段は観光などしないが帰国を翌日に控えた最終日、上海随一の観光名所「外灘(ワイタン)」に向かった。勿論、ただの観光に行ったのではない。ここ外灘は、啓治にとっても自分にとっても最も忘れられない場所のひとつでもある。外灘は、16年前に啓治が三戦や転掌の型のデモンストレーションをしながら新極真空手を広めた場所である。自分が初めて中国に行った時、観光で最初に連れて行って貰った場所でもある。道着こそ着なかったが、兄弟ふたり並んで上海タワーを臨みながら啓治の途轍もない冒険心とその苦労の足跡に心で泣いた事を今でもはっきりと覚えている。何度も中国大会などで遠征したが、あの時以来啓治と外灘に行くことはなかった。

かくして啓治と二人の世紀の外灘ツーショットが実現した。勿論、日本から龍翔鳳舞の法被を持参した。昨年の8月、福岡県大会の時に実家に立ち寄った際に法被を1枚プレゼントされた。10着?10枚?以上はあっただろうか?正直言うと、自分は龍や般若の法被など好きではない。そんなもの日本で千葉でいつ着るんだと思っている。しかし、啓治の思いは心に沁みるほど分かっていたから、自分の為に作ってくれた龍翔鳳舞の法被だけは持参した。

外灘は豫園(ヨエン)と並び上海随一の観光名所である。世界中から観光客が集まる。その夜景の美しさから夜の方が観光客は多いかもしれない。警備も当然厳しい。ましてや共産圏の国家である。場所も場所、厳重な警備体制が布かれている。

いつもと同じ立ち位置の場所に着くや法被に着替え始めた。啓治は着ている。空港でも、レストランでも、道場でも。一人の中国警察が近寄ってジロジロ見始めた。正確には監視し始めた。法被だけならまだしも、鉢巻までしたからさあ大変。鉢巻には日の丸に日本という刺繍も入っている。いつの間にか警察官が10名近くにもなっていた。啓治がいつものように“新極真会!”と叫ばなければいいなあと内心はびくびくしていた。ところがもっと凄いことをし出した。啓治が「馬!馬!!」と言い出した。最初は分からなかったがゼスチャーで分かった。騎馬戦の騎馬か?そうそう“騎馬!騎馬!!」騎馬なんか小学生の時の運動会以来である。啓治は体重100㎏近くはある。おまけに啓治は右半身が動かない。なかなか騎馬に乗れない。とうとう様子を見かねた警察官がやって来た。

『貴様ら、何をしている?おかしな物を着て・・・鉢巻して、日の丸とは!日本人かあ!!何を企んでいる。貴様達は何者だあ!ここを何処だと思っている?』

多分、訳すとこんな事を言ってたのではないかと雰囲気で思う(笑)。

孫師範代が一生懸命対応してくれた。師範代にこう説明するように言った。

『20年前、日本から上海に渡って来た空手家が中国で空手を広めていたが病気で倒れた。その空手家が7年振りに仲間と日本から来て、今記念写真を撮っている所です!世界でも有名な空手の先生です。』と。

師範代が言うには、お揃いの法被に不審を持ってるらしいと。最終的には師範代が中国人の身分証明の「IDカード」、三芳さんと啓治のパスポートを提示させられて事なきを得た。啓治が車椅子だったことが幸いした。台湾支部長の池田君が武道の刺繍の入った空手Tシャツを着ていたのが幸いした。もし、日の丸鉢巻に“神風!”と入っていたら連行されていたに違いない。自分と陽孝はALL JAPANの赤の日本代表ユニフォームを着ていたから。決戦の年に中国で連行されていたら洒落にならなかった(笑)。

中国警察には睨まれてしまったが、世界中から集まった観光客には受けたようである。特に空手着と法被姿の啓治は大人気だった。珍しそうに我々の写真を撮る人だかりができた。中には一緒に撮って欲しいと願い出る者もいた。月曜日でなく、日曜日だったらもっと大きなパニックになっていたと思う。

道場で稽古をした時の顔の厳しさは全くなかった。啓治は終始笑顔だった。あんな嬉しそうな啓治の顔を見ることが出来て自分も嬉しかった。昨年3月も同じ場所に来て写真を撮った。孫師範代が気を使って、兄弟ふたりが上海タワーを臨む合成写真を作って送ってくれた。しかし、今回は合成ではない。二人揃って思い出の地に立つ事が出来た。こんな日が本当に来るとは!正直、叶わない夢だと思っていた。しかし、諦めないで良かった。いや啓治は一度も諦める事はしなかった。多くの人に仲間に支えられて実現した。支えられたのは啓治だけではない。自分も多くの人に支えられた。奇跡を信じ多くの人が祈ってくれた。

これでハッピーエンドの終わりではない。いまだ啓治の右半身は付随、全く動かない。この日が新たな次のステージへの戦いの始まりでもある。啓治とお揃いの“龍翔鳳舞!”の法被を着た同じ日、同じ場所で。陽孝とALL JAPANのユニフォームを着て立った。兄弟が新たな戦いのスタートに立ち、師弟は来たる大決戦の大勝利を誓った。

奥村啓治師範が11月東京に来る。世界中の師範道場生が喜んでくれるに違いない。ブルガリアのポポフ師範は男泣きするだろうなあ。

秋の決戦 日本代表選手団が、奥村啓治師範の前で世界一の戦いをする。

日本代表選手団が龍の如く天空へ翔たく 鳳凰の如く天空を舞う!

日本代表選手団が龍翔鳳舞となる。