千葉北&千葉南支部合同強化稽古会

67672367_2378983072425120_6301325143356473344_n

奥村師範にお声掛け頂き、千葉南支部の日曜日の選手・強化稽古に、千葉北支部からも4名、参加させて頂きました。
今回・初の合同稽古という事で、千葉南支部・本部道場にて、中学生以上の学生が中心で、朝10時からスタートし、12時過ぎまで、稽古を
行いました。

稽古は、奥村師範の号令のもとスタートし、基本稽古の抜粋、組み手を意識しての移動稽古。
そこから、組み手の稽古へと次々に、奥村師範の熱い指導が続いていきました。
組み手の稽古では、一人の選手に次々と選手が入れ替り立ち替り交代し、体力・気力を養う組み手で、千葉北支部の選手は初の練習方法で、とてもキツく、また、大変、勉強になった稽古方法でした‼️

その後、ミット稽古を突きから蹴り・蹴りから突きへと繋ぐ意識をした稽古で、反応と体力の強化を繰り返しおこない、選手もキツくなってきたところで、一度、休憩。

その後、私も20分くらい、手と足のバランスを考えながらの攻撃と受け返しをテーマに指導させて頂きました。

稽古後には奥村師範より、千葉北支部の選手と一緒に来た弟に、心の込めた色紙を頂きました。
また、私にも第9回世界大会での思い出の写真当、頂戴致しました。

優しいお心遣い、いつもいつもありがとうございますm(__)m

奥村師範の様に、千葉の地より、世界の舞台で活躍する選手(清水選手等)また、世界で活躍する起業家(ダイチグループ・野田社長)など、空手会に、また、社会でも活躍する人材を陸続と輩出の出来る道場になれるよう、頑張って参ります。

奥村師範、今後とも、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

本当に、いつもありがとうございますm(__)m

稽古後に、家族で食事に連れていって頂きました。

奥村師範はニンニク・タップリのチャーシュー定食の大盛りと餃子をペロリ、と、食べられていました。
やはり、年を重ねられても、あのバイタリティーの源は、食の太さにあるのかな、と、久しぶりに痛感させられました。