世界に拡がる友達の輪!

スペイン支部ロレーナと

11月が終わる。今年の11月は生涯忘れ得ぬものとなりそうだ。

決戦の11月だった。厳しい戦いだったが、日本選手団は勝った。そして、世界の友と再会した11月でもあった。

昨年の11月の事である。友が病の床で必死に病魔と闘っている時のことである。ユース合宿を週末に控えたある日、スペインから1通のメールが届いた。大親友のスペイン支部のレオ(師範)の愛弟子のレオーナからだった。勿論、英文で。翻訳が間違っていなければ、多分こんな内容だった。

『師範レオの節目の50歳の誕生日が近いので、大親友の奥村師範のサプライズのお祝いメッセージを送って欲しい。師範レオを驚かせたい!16日までに送って貰いたい・・・。』

正直、お祝いの気分ではなかった。しかし、レオもレオーナも日本の友の事を知らない。1日に1万人生まれて同じ1万人亡くなるご時世である。友は友のこととして、お祝いのメッセージを送った。後日、レオが日本からのメッセージに大変驚き、大変喜んでいたと御礼のメールが届いた。海外の友が喜んでくれたとのこと、嬉しかった。

日本の友の訃報はユース合宿に行くバスの車中で聞いた。

1年後、世界大会の会場でレオーナに会った。昨年の尊敬する師範レオへの誕生日メッセージの御礼を言われた。たまたま少年部達が一緒にいたので記念写真を撮った。ちなみにレオーナはスペインでモデル業もしている異色の道場生である。

16年前、第8回世界大会の年。その年の春、スペイン支部からタラン師範と一緒に出稽古に来た門下生がペドロとレオのふたりだった。ふたりとも当時は四段だった。今はふたりとも支部長になった。ペドロは今年六段になった。一緒に汗を流し、自宅で夜遅くまで語り明かし親交を深めた。それ以来、お互いを“Brother!Brother!”と呼び合うようになった。その年の10月の第8回世界大会本番。大会とさよならパーティー会場で再会を喜び合った。スペイン支部の一団の中にいたひとりがレオーナだった。やはり其処は女性同士である。言葉も分からない娘達がレオーナに懐いた。懐かしい想い出である。

縁が縁を呼び、人が人を結ぶ。ましてや世界組織の新極真会である。世界大会の度に友達の輪が拡がった。

世界へ翔たけ!

世界大会を目指せということではない。勿論、それもある。世界中に友達を作って欲しいとの願いである。空手もそうであるが、男は仕事が命。仕事でも学業でも趣味でも・・・小さな箱から抜け出して、より大きな世界を目指して欲しいとの願いでもある。

世界へ翔たけ!とは・・・新極真空手で世界に拡げよう友達の輪!という意味でもある。