鶏食べて世界へ翔たけ

191212_0026~01

無性に食べたくなる時がある。あれが!・・・鶏の水炊きが(笑)。
子供の頃、冬になると母によく夕食メニューをリクエストしたものである。
“鶏の水炊きやって!・・・ 山芋すって!”
上京してからはほとんど水炊きなど食べたことなかった。結婚してからも。何故か?選手強化委員会に入ってから食べるようになった。日本選手団に入って食べるようになった。福岡とは違う味付けも覚えた。鶏の水炊きは生まれ故郷の福岡の郷土料理だと思っていたが、四国高知が本家だった(笑)。
千葉北支部との合同稽古会の後に鶏の水炊きで慰労会をした。世界大会の後に中国支部の道場生達が来た時も、鶏の水炊きで歓迎会をした。その時、道場生の誰かが言った。…
“皆で食べると美味しいですね!”
自分はこう答えた。
“(水炊きは)ひとりでも美味いよ!”
ということで、12月初のひとり水炊きしました。今日の隠し味は自家製の柚子です。
・・・やっぱり皆で食べた方が美味しいかな?
寅年だけど、前世は間違いなく鳥かな。