サクラ サク!

200313_1553~01

西千葉の公務員宿舎から加曾利の地に引っ越して来たのは17年前。何とか稽古が出来て住める位には内装工事が終わったので、年の瀬の迫った12月の慌ただしい中での引っ越しだった。駐車場の整備もフェンスなど外構工事はほとんど終わっていなかった。樹どころか!ぺんぺん草ひとつ生えていなかった。道場の中は白い壁だけだった。最初に飾ったのが、熊本研修時代に通信販売で買った大山総裁のポスターだった。23日の日曜日に昇級審査会を兼ねて初稽古を行った。市内の公民館や学校体育館など4か所位を回りながらのジプシー空手!それでも付いてきてくれた道場生達と最高の日を迎えた。その記念すべき門出の日の早朝に弟啓治師範から太鼓が届いた。

年が明けて、まだ正月3が日だったと思う。九十九里海岸でCM撮影を終えた足で緑代表が道場に陣中見舞いに来てくれた。外構工事の立ち合いで自分は撮影の同行を断ったにも関わらず、道場に寄ってもらえませんか。是非来て下さいと電話したら喜んで来てくれた。今は支部長になった佐伯健徳君と福岡支部師範代を務める若き日の渡辺大士君、秘書の祝君の3人を同行して。夜遅くまでお祝いの美酒を飲んだ事を今でも忘れない。

敷地内に草木ひとつ生えていなかった。最初に植えたのが桜の木だった。駐車場が2か所あったので2本植えた。土が合わなかったのか?GS側の桜は直ぐに枯れてしまった。しかし、上り側の桜は今でも毎年綺麗な花を咲かせてくれる。今年も綺麗な花が咲いた。まだ五分咲きである。桃太郎達が元気に道場に戻って来る頃には満開になるだろう。1期生の桃太郎が旅立ちの時には満開になるだろう。

桃太郎達が稽古に来たら桜の木の下で正拳中段突きをしようと思う。外だから思いっ切り気合い入れて!