極真の道

200830_0957~01

『極真の意味・・・この極真の名を、私のカラテの名称としたのは、昭和三十一年頃のことだった。当時、私は、目白の庭先の道場から西池袋の元バレエ練習所を道場として借りていたが、屋根つきの道場ができたことで、門弟の数も三百人を数えるようになった。それまで私は、「日本空手道大山道場」の看板を掲げていたが、門弟たちが独自の名前がほしいといいはじめていた。・・・

「武の道においては千日をもって初心となし 、万日の稽古をもって極とす」

・・・武道は、人間の精神のためにある、ということを痛感したのも、この時期である。だから、この「万日の稽古をもって極とす」という言葉が、ひしひしとわかった。・・・心を極めるとは、すなわち真実を極める、真実の道を極めるということである。武道を通じて真実を極めることを決意した集団とすれば、自分の念願に適うと思った。これには門弟たちも全員が賛成だった。・・・』

(著書:大山倍達 極真の精神 今後の武道はどうあるべきか)

コロナ禍で組織行事が軒並み中止となり、空手ライフ3・4月号は創刊以来初めて休刊となった。そして5・6月号はコロナ特集号として全国の支部長道場長の休館中の取り組みやインタビュー記事が掲載された。相変わらず組織行事がない中、今月号はどんな内容になるのだろうか興味津々の中で届いた。日本代表選手のトレーニング方法や世界の舞台で戦った師範方の自主トレ方法と内容満載で、あらためて空手ライフは“宝の本!”だと痛感した次第である。その中でも一番興味深く読み心に残ったのが、新しく始まった連載「極真の道!」だった。その記念すべき第1回目の小林副代表の内弟子時代の話に大いに感動した。若獅子寮の寮長を務めたこと。大山総裁と一緒に(極真会の)十八の型を作ったこと。小林副代表の極真時代の数々のエピソードは強化合宿で同じ部屋になったり、海外遠征の道中でいつも聞いてたので記事の大体の内容は知っていた。ただ大山総裁に内弟子志願の手紙を出していた事は初めて知った。極真空手への熱い思いとその行動力に尊敬の念を抱かずにはいられなかった。

新極真会が何故ここまで発展したか?

ひと言で言えば、それは組織の長、リーダーが、緑代表だったからである。新極真会が何故世界一の組織になったか?それは、小井事務局長を中心に世界一の事務局があったからである。そして、組織に理念があったからである。もっと言えば、緑代表を支えるふたりの副代表が、小林副代表と三好副代表だったからである。新極真会には、大山総裁の直弟子として極真会館総本部で修業された師範方が何人もおられる。この事実こそが、組織の一番の強みである。大山総裁の直弟子の師範方は全員が大山総裁に憧れ、地上最強のカラテである極真空手に憧れて地方から上京した。緑代表も塚本(支部長)も上京組である。緑代表は極真空手のために東京の高校に入学した。次の号は多分三好副代表の特集になると思うが、三好副代表は高校の修学旅行に行かないで、そのお金で第1回世界大会を観るために上京した。その4年後の第2回世界大会で日本代表選手として戦っている。この偉業は凄過ぎて言葉にならない。極真空手は地上最強の空手と謳われた。それはイコール、その当時の総本部道場を支えた師範方が空手界で最強だったということに他ならない。

師範方には全員それぞれの“極真の道!”があったのである。

小林副代表の記事を読みながら自分自身の極真の道を振り返っていた。小林副代表のように内弟子志願の手紙こそ書かなかったが、入門前から大山総裁に年賀状や書中見舞いを出したりしていた。大山総裁が直接返事を書く訳がないが、総本部から返信があった時は飛んで喜んだものである。熊本研修所時代にこんな事がった。第1回全日本チャンピオンの山崎照朝師範が著書「無心の心」を出した時、感動して手紙を書いたことがあった。いつの日か自分も極真空手をやりたいと、そんな思いを心込めて綴った。な、な、何と!返事が来た(驚)。

“奥村君は熱烈なファンですね。極真の門をたたいて是非夢を叶えて下さい。”

みたいな返事が来た。絶対に入門しようと思ったものである。今でもその返事のハガキは生涯の宝物として大事に取ってある。有名な師範が本を出せば、同じように感想の手紙を書いた。返事が来た。 今思えば、自分は手紙魔だった(笑)!熊本時代も上京してからも憧れの彼女に手紙を出して・・・返事など来た試しがない(悲内緒)。あの時、憧れの彼女から返事が来て極真総本部や師範方から返事がなかったら、多分今の自分は居ない。手紙の返事ひとつで人生が変わったのである(笑)。

今は日本全国に極真空手の道場がある。近所の体育館や公民館でも道場がある時代になった。昔は地元になかった。大山総裁ご存命中の極真空手全盛時、皆上京した。今の道場生は直ぐに入門出来る。はっきり言えば、スタートから違った。でもこれだけは言える。総本部に行ってどれだけの人が志半ばで去って行ったか。黒帯?全日本選手?厳しさや競争は今の比ではない。芸能界と同じである。入門して約四十年、支部長になって約二十年、空手道の(続ける)厳しさをずっと見て来た。千葉で生涯空手道を貫いた人をまだ見たことがない。

小林副代表の極真の道を読んで感じたこと、それは・・・大山総裁は勿論であるが、小林副代表をはじめ極真総本部で大山総裁の薫陶を受けた師範方の存在あってこその新極真会であると。その新極真会でさえも誕生の歴史があり、緑代表をはじめとする多くの師範方の存在なしに発展はなかった。その歩み・歴史を知らずして更なる発展はない。現在は歴史の上に立っているから!世界の舞台で活躍した師範方や日本代表選手達のトレーニング方法が技・体とするならば、今月号からの特集「極真の道」はまさに心の部分ではなかろうか。我が組織の機関紙「空手ライフ」は心・技・体を備えたまさに宝の本である。

大山総裁の言葉(教え)が蘇る。

『極真カラテは、地上最強の武道であり格闘技であると、私は自負している。しかし、強さだけで「精神」的裏づけのない武道では、永久に生き残っていくことはできない。』(著書:極真カラテ 21世紀への道 出てこい、サムライ)

新極真会の財産、それは言うまでもなく道場生達である。と同時に、自分が特に思うのは、大山総裁直系の弟子である高弟の師範方が今おられることである。その師範方だけが知っている大山総裁の数々のエピソ-ドや総本部修業時代の話が聞ける機会を得て幸せである。

或る高弟の師範に聞いたことがある。

“奥村、昔は(黒帯以外は)白帯と緑帯しかなかったから。”

前回のコロナ特集号の時にある道場生に尋ねた。

空手ライフ読んだか?って。読みました。っていうから。突っ込んで訊いたら、師範の記事(だけ)は読みましたって(笑)。だからこう言った。三好副代表の(記事)読んだら泣けるぞって。塚本の読んでみろ。サムライだぞって。

空手ライフを宝の本にするかしないかは、自分自身である。まあ読んでも響くか響かないかはまた別の問題である。自身がどんな思いで組織にいるか、どんな思いで稽古をしているかによる。出会いと同じで、生かすかどうか全て自分次第である。

道場生達には、空手ライフを購読して心・技・体を学んで欲しいものである。

機関紙名がまだ「極真魂」という名前の時代に、型の分解や礼の仕方など道場での所作振る舞いの特集があった。その中で道場訓の解説が載ったことがあった。その時に事務局の榎本次長か誰かに内緒で尋ねたことがあった。この道場訓の解説をした師範はどなたですか?と。

「小林副代表です。」

道場訓の解説など組織の中でも出来る人はそうそういない。大山総裁の下で厳しい修業をされ、内弟子の寮長まで勤められた方だからこそ為せることである。小林副代表とはそういう凄い方なのである。

ここをクリック!☞道場訓解説