無観客(大会)とは、観客無しのみに非ず!

201113_1104~01

コロナ禍の影響で全日本大会は無観客で開催されますが、ただ単に観客を入場させないで大会を開催するとう単純な事ではありません。無観客開催のために緑代表を中心に総本部事務局が感染防止対策を含め、どれだけの準備をしていることか!道場生の皆様には今一度認識して頂きまして、大会ライブ配信を是非観戦して応援してくれることを心から願う次第です。

 無観客とは・・・観客なしのみに非ず!

1.敗戦後の速やかな退館:敗退した選手(セコンド)は3密回避のため即退館

2.ゼッケン&大会資料は道場ではなく、選手の自宅に配送

3.健康チェックシートの提出と抗体検査:支部長・選手・セコンド等大会関係者は、健康チェックシートを大会当日提出し、かつ、抗体検査を行う。検査結果が陽性だった場合は出場(入場)不可

4.分散受付:従来の一斉受付なし。試合番号順の分散受付

5.消毒液の配布:選手に消毒液ミニボトルを配布し、ミットの消毒

6.コロナ保険への加入

7.試合時間の短縮:初日1回戦 延長1回(マスト判定)のみ ・2回戦 延長1回で体重判定→再延長

8.記録係:道場開設以来ずっと千葉南支部が行ってきましたが、県をまたぐ移動を伴うため若手の道場長と総本部道場生が担当

他にも審判団の交代の都度、試合上マットの消毒。会場内の15分おきの換気。日常の3密回避のマスク着用など諸々は当然のこと、大会開催のためあらゆる感染防止対策が講じられています。組織の努力に報いるためにも大会ライブ配信の観戦を重ねてお願いします。また、冬場になって感染者が増加傾向になっていると日々報道されています。従前にも増してひとりひとりが感染防止の認識を更に自覚し、防止対策に努められることを切にお願いする次第です。   11月13日 師 範 奥 村 幸 一

大会&ライブ配信詳細 ここをクリック!☞第52回全日本大会のお知らせ

9.空手ライフ11-12月号は、全日本大会のパンフレットになってます。