浦島太郎になる所だった!

201123_2306~01

30年振りの六本木!

ホテルから会場までの徒歩、昼間は箱の中。観光で行った訳ではなかったので30年振りの感慨に浸る余裕など全くなかった。敢えて言えば、街にそびえ立つ今や六本木大発展の象徴ともなっている六本木ヒルズを初めて目にし驚いた。まだまだ六本木は発展の最中である。泊まったホテル自体も今年7月にオープンしたばかりの高層ビルの大ホテルだった。今年初めての遠征。加曽利村から出て来て、大都会の発展に田舎者の自分の存在が小さく思えた。

いや!コロナ禍の中で無観客で開催された大会。次の日から繰り広げられる厳しい戦い、厳しい結果に一年前の世界大会男女W優勝の面影が小さくなっていった。たった一年の間に世は下克上となっていた。

男子は65名中、他流派選手が18名。内欠場者は2名。小さな山の1回戦が1試合だけあった。実質は2回戦が初戦となる。16名で初戦(2回戦となる)で負けたのは1名のみ。二日目のBEST32に15名が進出した。新極真会は17名、かろうじて勝った?いや、もうこの時点で今までのトーナメントとは違った。15名の内、3回戦を勝ち抜いたのは5名。BEST16に他流派5名。BEST8入賞を掛けた最も激しい4回戦を迎える。世界大会日本代表選手が名を連ねる。4回戦まで進めばいい方である。この4回戦に来るまでに多くの日本代表選手が負けて行った。初戦で負けた選手さえいる。たった1年で世(戦場)は変わっていた。5名の内4名がBEST8の関門を突破した。他流派から4名の選手が入賞を果たした。無差別の全日本大会で初めての事である。主審をした試合で、目の前で日本代表選手が上段ヒザ蹴りで一本負けした。若干17歳の初出場の選手に倒された。3位に入賞した他流派選手はまだ21歳である。厳しい(戦いになる)のはむしろこれからである。

これからも益々厳しい戦いが続く。

男子決勝戦は新極真同士の戦いとなって組織の面目は一応保たれた。はっきり言えば女子は王座奪還どころか、全ての面でもう他流派に逆転された。

男女W優勝を果たした世界大会から丁度一年。絶対王者のふたりが欠けていたとはいえ最強の日本選手団のメンバーだった選手で臨んだ一年後の全日本大会でこのような結果となった。日本代表選手として臨み、世界大会で結果を出した新極真会と結果を出せなかった他流派の組織。世界大会にさえ選ばれなかった他流派の多くの選手達。あの日から一年の間の精進に差があったに違いない。コロナ禍の中で如何に刀を磨いて来たかが問われた大会だった。他流派選手達は悔しい思いをしながら、来たるべき日のために精進を怠らなかったに違いない。男女の世界を制し安定した世の中になると思っていたが、世は既に下克上となっていた。

コロナ禍の状況の中で無観客ではあったが、組織は大会開催を英断した。大会自体は数々の運営面の試練を乗り越え素晴らしい大会となった。組織には感謝の言葉しかない。大会前日金曜日はホテルで弁当を食べた。土曜日は三好副代表とふたりで食事をした。日曜日はいつものメンバー4人で。1年振りの交流だった。それはそれで意義があり楽しかった。ホテルに戻って厳しかった大会結果だけが頭をよぎる。コロナ禍でもし今年全日本大会が開催されていなかったら・・・あの大勝利の世界大会からもっと日にちが空いていたら・・・・ベッドに横たわり天井を見つめながらこう思った。

・・・・になる所だった!

5月のWFKO大会が中止。3月の日本選手団強化合宿も11月のユース合宿も中止となった。組織が世界大会から丁度1年後、乙姫様がくれた玉手箱を開けてくれて良かった。これが2年後だったら男子さえ逆転されていたかもしれない。そう感じさせる他流派の大躍進劇だった。大会に選手が出ていない支部の方が多い。選手を出している支部長と出していない支部長とでは正直温度差を感じる。BEST16まで渡邉兄弟は残った。あと一歩で入賞を逃した。塚本(支部長)の思い、語るまでもない。千葉南?初戦で負けました。

応援ありがとうございました。

敗退した選手は即退館しなければならなかった。試合の後、翔希も翔太とも会場で会話出来なかった。翔希は夜電話が来た。初日、三好副代表との食事が終わってタクシーでホテルに帰った。ホテル近くのコンビニに行ったら、な、な、なんと有名な那須兄弟に偶然にも遭遇した(笑)。那須兄弟は仲良くふたりで食事して買い物してコンビニを出る所だった。もし数秒でもずれていたら那須兄弟には会っていなかった。偶然はまだまだ続く。ホテルも同じだった(笑)。

「翔太、奎太、ちょっと部屋に来るか!」

大会前々日の木曜日。大会出場選手の翔太とセコンドの奎太は休み。もう1カ月も前から年末年始も含めて道場休みのお知らせは貼ってある。今日は稽古ありますか?とメールで聞いてくる道場生がいた。あるよと返事したら、今度は翔太先輩は稽古来ますか?と訊いてきた。来ないよと返事した。メールするくらいだから稽古に来るかと思っていたら来なかった。

師範は所詮お友達だった(笑)。

反対に、木曜日は船橋道場の稽古で師範は不在。指導する人がいないだろうからと心配して来てくれた道場生がいた。“もう黒帯だな!”と思った。空手も礼儀も同じである。教わっただけで身に付くものではない。環境もあろう。本人の考え方や資質もあろう。子供と大人の差、経験も大きい。でも教わらなかったら身に付かないのか、勝てないのか。それでいいのだろうか?今回の厳しい大会をどう思ったか?個々に全く違うだろう。自分の敗退の事だけしか思わない選手の方が多かろう。無観客だからしようがないが、映像と生の試合は全く違う。全国の道場生達が何を感じたか?自分には知る由もないが。ヒントだけかもしれないが、大山総裁は“極意!”を我々に教えてくれている。

那須兄弟とコンビニで会った事もホテルが同じだった事も、偶然だったかもしれない。しかし、厳しい勝負の世界に偶然など有り得ない。努力精進を続ければ必ず報われる。勿論結果だけではない。誰かが言った。流した汗は嘘はつかない!暫く冬が続いた入来建武選手が見事な復活劇を果たした。多くの日本代表選手達が敗退して行く中で22歳茶帯の多田成慶選手が入賞を果たした。この復活劇も初入賞も決して偶然ではない。

勝負の世界に偶然はない!

結果には必ず原因がある。世の中には全て因果の法則がある。原因があっての結果である。選手達にはしっかり大会を振り返り原因を見極めて、これから益々の精進を期待するばかりである。自分自身も組織としてこの結果を真摯に受け止め、これから選手強化に邁進する覚悟である。もう次の戦いは始まっている。

“翔太、1年前の(形ばかりの)ワッペン外してて良かっただろ!”

一度でも日本代表選手として世界大会に出場したらその誇りはいつまでも持って欲しいと思う。今の自分があるのは、その誇りと組織に対する報恩感謝の思いである。しかし、いつまでも形だけの日の丸にしがみ付いて欲しくない。戦いが終われば、右肩に日の丸はない。

日曜日大会後の支部長会議の後の食事会。第4回世界大会の同志4人で行った33年経っても変わらぬ絆に感謝するばかりである。ホテルに帰りベッドに横たわって天井を見つめながら思ったこと。それは・・・

(厳しい結果となったが、コロナ禍でもし大会が開催されていなかったら)

浦島太郎になる所だった!

下克上だからこそ 誰にでもチャンスはある!